幼児から始めるメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児から英語学習を始めるメリットは
一時的なものではなく、お子様の成長過程で
はっきりと現れてきます

幼児期におけるメリット

①音の呼吸は6歳まで

 音感は6歳までに形成されると言われています。この時点まで
に日本語には存在しない子音の音等を聞いて発音することにより、
その音は脳に刻まれ発音できるようになります。
 高齢の方が「D」の文字を「デー」と読んでしまったり、
「ヴィジュアル」の「ヴ」が「ビ」の音になってしまうのは、
その世代の方の子供の頃には、このような音が耳に入る機会が
なく、脳に記憶されなかったことが原因です。

②英語を勉強だとは思わない

 幼児のお子様のレッスンは、日常生活や保育所・幼稚園で
交わされている挨拶や表現を、そのまま英語に置き換えた内容に
なっています。
 彼らにとっては楽しい遊びの一環です。体を動かし、歌を
歌いながら英語を日本語と同じ様に、体感して覚えていく事が
出来るのです。

小学生期におけるメリット

①現在の学校教育とは違い、詰め込み型教育ではない

 年数をかけて、多くのフレーズ・単語・文法を、視点を変えて
繰り返し学ぶ事により、しっかりとした知識の定着をはかります。
 また、文法等のルールから入るのではなく、フレーズ自体を
覚えていく為、一部の単語を変えるだけで違う表現が出来ると
いった応用も解ってきます。

 

  例 : What do you have ? → What do you want

②「話す・聞く・読む・書く」の4技能をバランスよく学ぶ

 これまでの学習によって、音のつながりが無意識のうちに
理解出来ている為、速いスピードの英語も聞き取り易くなります。
今までに学んだフレーズを使って、相手の話を理解し発言する
という練習をしていきます。
 また、年齢に応じた文章の読み書きも学びます。

③間違える事を恥ずかしがらない

 小さい頃から英語に慣れ親しんでいる為、高学年特有である
「恥ずかしさ」を感じにくいので、間違える事を怖れず、人前でも
堂々と英語を使う事が出来ます。

中学生期におけるメリット

①英語教育により国際的な視野が広がる

 英語教育とは、英語だけを学ぶ事ではありません。英語を
教えていくにあたり、やはり国際的な視野を取り入れた教育を
せねばなりません。何故なら、言語というものは文化や慣習に
深く関わっているからです。必然的に子供達は、早いうちから
世界地図を見て、日本という国と他の国々を比べていきます。
すると自然に視野が広がっていきます。その知識が中学生で
開花するのです。
「将来こんなことをやってみたい!」と相談してくるのも、
この時期です。

②外国人に対して物怖じしない

 中学生になってくると、自分の英語能力を試したくなって
きます。外国人の先生にも物怖じせずアタックしていきます。
ALT(Assistant Language Teacher : 小・中を対象に授業補佐に
来ている外国人講師)と友人の様に接して、色々な事を話している
生徒もいます。

高校生期におけるメリット

①物事や自分の将来を幅広く考えるようになる

 視野の広い子は、ただ自分の自己満足ではなく、将来何かの役
に立ちたいと思い始めます。それがきっかけとなり、自分の将来
の選択肢に対し国際的な視野を持って、目標を定めはじめます。

②言語としての英語の必要性に気づく

 「受験に必要だから勉強する」「ただ英語が話したいから
勉強する」等というだけでなく、自分の知識を増やしたい、
活かしたい、役立てたいなら英語は必須であると気づき、教科
としてではなく、言語として英語を受け止めるようになります。

 

英語教育とは、言語能力の向上だけではなく
いかに国際社会で活躍できる人間を形成していくか
が最大の課題であり、目標です。

専門知識を持ち、それを英語で活かせることにより
”誰か”や”何か”の為に力を発揮できる子供たち
を育てていく事が当教室の一番の目的です。